フラッグ戦でヤクパンって結局どうなの? #ドリタンDX攻略

DXになってKV2とともに弱体修正をもろに食らったヤークトパンターは実際どうなのでしょうか?

使ってみた感想はまだ強いほうだけどドリタン無印時代のような誰が使っても強い的なものはなくなったというのが感想です。バックブーストドリ射擦ってれば大体勝てたドリタン無印が異常でしたね

現状のヤクパンはほぼ全てに弱体化が入っているのでそれなりにちゃんとやらないときびしいです

以下無印とDXで変わったと感じたところまとめ

☆足が遅くなった

前進はそこまできつくないですが後退がかなりきびしい。後退しつつ近づかれる前に撃破するということはやり難くなり接近戦をこなさないといけなくなった

☆旋回が遅くなってるぽい?

もしかしたら速度が下がった影響かでそう感じるだけかも。バックドリフトをしても横判定で撃たれることが増えました。横判定の拡大の影響ではなく明確にヤクパンのドリフト旋回より速く動いて当てている感じ。これにより適当にバックブーストからドリ射擦るだけでは対応できなくなり、ノーロックで狙ったりパンハイ×2を切らないといけなくなった

☆横判定が拡大

単純に横扱いになる部分が大きくなっている。これはヤクパンのみではなく固定砲塔全体っぽい? 正面でなるべく受けたいヤクパンにとってはかなり大きい弱体化

とりま簡単に書いてみた。超簡単お手軽強戦車から普通の強めの戦車に格下げになった感じです。ちゃんと各戦車の柔らかいところに当てればまだまだ火力はあるので適当にやらずきちんと練習していきましょう

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です